石と多肉植物

石と多肉植物を紹介しています。

銀月がピンチ

何の問題も無く、夏を過ごしてきた銀月。

暑さのピークを越えたこの時期になって、急に調子が悪くなってきました。

中段の葉にシワが寄ってきました。

下葉が萎れるなら問題はないのですが、断水をしていないのに、このシワの寄り方はかなりマズイです。

f:id:haworthii:20190824170313j:plain

 

状態確認の為、白いフェルトを剥がしてみることにしました。

汚れないように大事に育ててきた銀月・・・

真っ白なフェルトを剥ぐのは、断腸の思いです・・・

しかし、今後育てていく上で、状態を確認しておく事は必ずプラスになるはずです。

f:id:haworthii:20190824170447j:plain

完全にダメな色になっていました・・・

これは回復は絶望的です。

 

健康そうな葉も剥いでみます。

f:id:haworthii:20190824170753j:plain

こちらも緑色が濃く、状態は悪そうです。

 

f:id:haworthii:20190824170945j:plain

こっちはたぶんダメですね・・・

萎れるのは時間の問題かと思います。

白いフェルトに覆われていると、状態悪化に気付けないのが本当に厄介です。

 

原因はいろいろ考えられますが、可能性が高そうなのは、水のやりすぎと日照不足です。

 

水は断水せずに、多肉植物としては多めに与えていました。

状態が良く見えたので、水やりの回数を減らさずに夏越しさせていましたが、やはり多すぎたかもしれません。

 

日照不足については、梅雨明けから雨がほとんど降らなかったので、ずっと日が出ているものだと勘違いしていました。

過去の天気を見ると8月10日以降はほぼ曇り空で、お日様が出ている日は少なかったんですね・・・。

しわが寄っている葉は片面に偏っており、反対側は健康そうに見えます。

f:id:haworthii:20190824171512j:plain

反対側

日当たりが偏っていたかもしれません。

 

遮光に関しても、斑入りグリーンネックレスのおつきあいで、ここのところ75%遮光エリアに入れていました。

白いフェルトを剥がしてみてわかったのですが、予想以上にフェルトが厚く、これだけで80%以上の遮光効果がありそうです。

そのうえで、75%もの遮光をしてしまったら、どう考えても光量不足です。

暑さと葉焼けを警戒するあまり、光量を疎かにしていました。

 

状態改善させるべく、水をしばらく控えて、日の当たる場所に移動させました。

これで改善が見られなければ、根のダメージが考えられるので、植え替えも視野に入れなければなりません。

時期的に植え替えは避けたいところです。

 

夏に弱いと言われている銀月。すんなり夏越しとはいかないようです・・・

 

乙女心と薄雪万年草【成長記録:2019年・夏】

f:id:haworthii:20190821191328j:plain

■■ 乙女心と薄雪万年草 ■■

2019年・夏

 

~育成環境~

場所:屋外 南向きの軒下 屋根あり

水やり:少なめ(7日~14日に1回程度)

追肥:なし

遮光:あり(60%程度)

 

セダム属の乙女心と薄雪万年草です。

手前の乙女心が伸びすぎて、鉢のバランスが悪くなっていますが、夏に切り戻すわけにもいかず、好き勝手にさせています。

 

水やりは控えめにしており、1~2週間に1回程度です。

昨年、水を極力減らしたら、乙女心の葉がぽろぽろ落ちて瀕死に陥ってしまったので、今年は適度に水を与えています。

 

乙女心は春に水の量が多かったせいか、徒長気味です。

f:id:haworthii:20190821191404j:plain

徒長といってもひょろひょろした病弱な感じは無く、健康的に育っています。

下葉も落とさず、水の吸いも良く、猛暑にも関わらず元気いっぱいです。

 

上から見ると螺旋状に生えた葉が綺麗です。

f:id:haworthii:20190821191449j:plain

上からの日光を余すところ無く受け止められるように螺旋状に生えるのでしょう。

 

鉢の右側の方に植わっていた親株が、8月の暑さでダメになってしまいました。

f:id:haworthii:20190811151219j:plain

株の根元から出ていた枝芽はなんとかレスキューできたのですが、まだ小さくて根も出ていないので、生き残れる見込みは低いです・・・。

小さすぎて乾燥に耐えられそうにないので、無菌のポリエステル避難所で秋までがんばってもらい、根が出るのを期待してます。

f:id:haworthii:20190821192704j:plain


薄雪万年草は手がかからないので放置気味です。

伸びすぎている葉を切り揃えたいところですが、成長の止まっている今の時期にハサミを入れるわけにもいかず、動き出すまで待機です。

f:id:haworthii:20190821192830j:plain

丈夫なので問題なく夏越しできると高をくくっていたのですが、よく見ると葉焼けのせいか、水切れのせいか、枯れている葉がちらほら。

f:id:haworthii:20190821193007j:plain

いくら丈夫とは言っても、もう少し気にかけてあげないとダメですね。