石と多肉植物

天然石と多肉植物のアレンジを紹介しています。

松露玉の実生③:追加の撒種と発芽率

世界一小さなサボテン、松露玉の実生の経過です。

 

↓前回の記事はこちら

松露玉の実生①:種まき・発芽

松露玉の実生②:痛恨のミスと新たな発芽

 

前回、メノウというツルツルの石の上で発芽させてしまった松露玉を、なんとか育てられないかと試行錯誤しました。

根の切れている1mm以下のサボテンの幼苗を、メノウの上で育てようなんて無茶な話です。

無茶な話なんですが・・・

 

発芽後:30日目

f:id:haworthii:20201125230200j:plain

なんと、1ヶ月経っても無事に生きてます。

f:id:haworthii:20201125230506j:plain

しかも元気そうです。

 

松露玉は、水分の蒸発を防ぐクチクラ層という表皮組織がありません。

乾燥地帯において、小さな体で水分を保持していくのは至難の業なので、保持する事を放棄してしまったのですね。

水分を保持できない代わりに、表皮から直接水分を吸収する事ができます。

そんな特殊な松露玉だからこそ、こんなメノウの窪みでも育ってくれているというわけです。

 

ちなみに、自生地ではこんな姿をしているそうです。

f:id:haworthii:20201127134934j:plain

出典:Wikimedia Commons

 

 追加の撒種

亀甲牡丹の種子を買った際に、松露玉の種子も売っていたので、一緒に買ってしまいました。

試行錯誤の末にメノウの上で育っている松露玉を見て、これはもう最初からメノウの上に蒔くしかないと思ったのです。

石と多肉植物のコラボレーションを主題とする当ブログにおいて、これほどふさわしい実生法があるでしょうか。

能書きはともかく、メノウの上にたくさん蒔いてみたかったのです、はい。

種子は20粒を注文したところ、9粒も多い29粒を送っていただきました。ありがたい事です。

 

29粒の種のうち、4つを既に発芽している松露玉の周りに、残りを新しく用意したメノウアレンジ鉢に蒔きました。

f:id:haworthii:20201125230301j:plain

容器といい、用土といい、非常識の極みです。

常識的な実生は、常識的な方にお任せします。

 

種まき後:10日目

f:id:haworthii:20201125230345j:plain

1つ発芽しているのを確認しました。

前回とは比較にならないほどスムーズな発芽です。

やはり、発芽するかどうかは種子の質によるところが大きいと感じました。

 

種まき後:16日目

f:id:haworthii:20201126110346j:plain

29粒中、24粒も発芽しました。

発芽率は83%です。

前回は4%(2/50)だったので、驚きの発芽率です。

f:id:haworthii:20201126110626j:plain

f:id:haworthii:20201126110638j:plain

f:id:haworthii:20201127140149j:plain

メノウの窪みで発芽した松露玉は、何の違和感もなく、しっくりと隙間に収まっています。

おそらく、これが自然に近い姿なのではないでしょうか。

 

亀甲牡丹の実生①:種まき・発芽

亀甲牡丹というサボテンの種子を買ってしまいました。

亀甲牡丹は見た目がサボテンらしくないサボテンで、フォーカリアのような外見をしています。

f:id:haworthii:20201125145953j:plain

出典:Wikimedia Commons

初めて見た時からカッコイイなぁと思っていたのですが、お高いサボテンなので、指をくわえて見ているだけでした。

種から育てる事も考えましたが、種もお高い上に立派に育つまでに10年以上かかる代物らしいので、躊躇していました。

そんなときに、半額で買えるクーポンとか貰ったら買っちゃいますよねー・・・。

↑業者の思う壺

 

種子は1.5mmくらいの黒い種子で、サボテンの種子としては大きめの部類でしょうか。

f:id:haworthii:20201125150610j:plain

 

種まき

11月11日に7粒の種を蒔きました。

サボテンの撒種をするには寒すぎる時期ですが、室内栽培で、室温は15℃~23℃くらいなのでギリギリ大丈夫だろうと判断しました。

 

種の蒔き方は、いつもながらの腰水も霧吹きもしないお手軽な方法です。

種を100倍希釈キッチンハイターにくぐらせて消毒した後、水洗いします。

プラスチック容器に熱湯消毒した川砂をいれ、湿らせた後に種を撒きます。

種が大きめなので、川砂も種と同じくらいの粒の大きな物を使いました。

種は上に乗せるだけで、覆土はしません。

蓋をして、直射日光の当たらない明るい場所に放置します。

f:id:haworthii:20201125150230j:plain

 

種まき後:10日目

f:id:haworthii:20201125151050j:plain

1つ発芽しているのを見つけました。

実生をやっていると、この瞬間がたまらなく嬉しいです。

 

種まき後:14日目

f:id:haworthii:20201125151837j:plain

6つ発芽しました。

発芽率は86%(6/7)と、十分すぎる結果です。

(11/27追記)

発芽しなかった種にわずかに切れ込みを入れたところ、翌日に根を出してくれました。

発芽率は100%となりました。

芽は薄いピンク色をしています。

発芽したての芽の画像は検索しても見つからず、気温が低くてピンク色なのか、元々そういう色なのか判断がつきません。

モモみたいで可愛らしいのですが、少し心配です。