石と多肉植物

天然石と多肉植物のアレンジを紹介しています。

育て方

2000倍希釈の液肥を500mlペットボトルで作るには

ほとんどの多肉植物が追肥を必要としない今の時期に、液肥の話をするのもなんですが、500mlペットボトルで2000倍希釈の液肥を作る方法をご紹介します。 希釈タイプの液肥は、多肉植物に対しては、1000倍~2000倍に薄める商品が多いようです。 多肉植物の場合…

グリーンネックレスの水やりについて自生地の気候から考えてみる

グリーンネックレスの水やりについては、多めがいいとか、少なめがいいとか、色々と言われています。 私は、育て始めた当初は7日~10日に1回くらいの間隔で与えていたのですが、水くれアピール(シワが寄る、ツヤが無くなる、ピンクになる等)が激しいので、…

肥料の必要性を単純に考えてみる

多肉植物を育てている人なら誰しも、肥料について一度は悩んだ事があるかと思います。 素人の私は、植物なのだから肥料はあげた方がいいと思ってしまうのですが、話はそう簡単ではないようです。 多肉植物育成の指南書には、肥料は一切必要ないと書かれてい…

底穴が無い鉢でも根腐れしにくい植え付けの仕方

底穴の無い鉢で、多肉植物を長期的に育てるのは難しいと言われています。 しかし、水やりや植え付けを工夫すれば、穴の無い鉢でも長期的に育てる事は可能です。 底穴が無いと空気が出入りできずに窒息するなんて言う人もいますが、そんな事はありません。 そ…

銀月の育て方【夏越し編】

銀月 3.5号ポット価格:874円(税込、送料別) (2020/1/29時点) 大型銀月 6cmポット価格:438円(税込、送料別) (2020/1/29時点) 暑さに弱く、夏越しが難しいといわれているセネシオ属の銀月。 辛うじて夏越しさせる事ができました。 失敗もありましたが、そ…

斑入りグリーンネックレスの育て方【夏越し編】

斑入りグリーンネックレス 9cmポット価格:438円(税込、送料別) (2020/1/29時点) 斑入りグリーンネックレスを無事に夏越しさせる事ができました。 育てている地域は、暑さの厳しい関東の平野部です。 右の鉢のグリーンネックレスは、左の鉢から挿し木したも…

斑入りグリーンネックレスに直射日光はダメ絶対

気合の入った梅雨にも負けず、調子の良かった斑入りグリーンネックレスの雲行きが怪しくなってきました。 いくつかの新葉が枯れ始めてしまいました。 成長点が枯れると、もうその枝は伸びる可能性は低いので、かなり深刻です。 原因として思い当たるのは、先…

多肉扱いをやめた斑入りグリーンネックレスの今

メノウに合いそうだという理由で購入した、斑入りグリーンネックレス。 当時はグリーンネックレス目当てで園芸店に出向き、たまたま見かけた”斑入り”グリーンネックレスを気軽に購入してしまいました。 3月、購入直後のお姿 まさか、”斑入り”というだけで、…

日照不足対策

本格的な梅雨に突入し、ここしばらく太陽を拝めていません。 この先の10日間予報も、ほぼ曇りと雨・・・ こうなると、蒸れよりも日照不足が心配です。 特に心配なのが、銀月と斑入りグリーンネックレスです。 銀月は、白毛コーティングで自分で遮光してしま…

プラダンでお手軽遮光

ハオルチアなどの、直射日光が苦手な多肉植物を育てる時に、最適な場所とされるのが「明るい日陰」です。 この「明るい日陰」というのが厄介で、実際探してみるとそんな都合の良い場所はほとんど見つかりません。 レースカーテン越しの日差しがベストなんて…

黒い鉢の熱対策

日ごとに太陽が高くなり、太陽光線が気になる季節になりました。 まだ少し早い気もしますが、多肉植物たちの暑さ対策を始めました。 夏に鉢植えをダメにしてしまう原因の一つに、鉢の温度上昇があります。 晴れた日に鉢を触ると、火傷するほど熱くなっている…

底穴の無い鉢での多肉植物の育て方

私は底穴の無い鉢で多肉植物を育てています。 水やりのタイミングが難しく、根腐れさせてしまう可能性が高いので、まったくお勧めはしません。 しかし、鉢を選ぶ時の選択肢が多い、汚れる心配が無いので室内に置きやすい、などの利点があるので、底穴の無い…

銀月の育て方【冬越し編】

銀月 3.5号ポット価格:874円(税込、送料別) (2020/1/29時点) 大型銀月 6cmポット価格:438円(税込、送料別) (2020/1/29時点) 下の方がかなり残念な銀月 以前紹介した残念な銀月ですが、育て方が難しいという話をよく耳にするので、色々と調べてみました。…